親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの関係で洋服を意識しなければなりません。 結婚式で親族の場合には、正装を意識した洋服や和服を選ぶ必要があります。 一方、友人という関係の場合には、それほど正装にこだわらなくても場に相応しくなります。 また、葬式の場合でも同じく親族か友人である場合でも、結婚式ほどの差はありませんが、身近な親族であれば和装にするケースがあります。 冠婚葬祭では、相手と自分と関係性がどのようになっているかをまず考えた服装を意識しておきましょう。 好みばかりを考えてしまうと、場違いな服装になる可能性もありますので、結婚式では招待客を葬式では参列者を意識した上で、それぞれの立場でマナーを踏まえたスタイルで出向くように心がけましょう。 どちらの場合でも、相手方や遺族側にも誠心誠意の気持ちを持って選ぶようにすることがとても重要ですので、マナーに添った選び方をして出席あるいは参列をするようにして下さい。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.