喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても喪服を持たない大人がいるようです。 若い世代にとって、年に一度使うかどうかの喪服より、ラッシュを迎えている結婚式用のドレスを買う方が先というのは納得できます。しかし、慶事は事前に分かりますが、お悔やみはいつでも突然です。 急な訃報に慌てて黒い服を用意するより、事前にきちんとしたお店で自分の体にあった服を用意しておく方が、亡くなった方やご遺族にとっても失礼が無いように思われます。何より、大人としての冠婚葬祭のマナーでもあります。 昔は結婚する時に、嫁入り道具として喪服を含む着物を用意したようです。その名残か、流石に娘の結婚に着物を用意する家庭は少ないですが、必要と感じてフォーマルウェアを用意する家庭は多いようです。 20代前半の独身世代ならともかく、30代以降特に家庭を持っているような世代にはきちんとした喪服を持つ必要を、親世代の大人はしっかりと伝えてゆく必要があるのです。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.